伊勢志摩バリアフリーツアーセンター > 観光施設バリアフリー情報 > 伊勢安土桃山文化村

伊勢志摩バリアフリーツアーセンターナビゲーションをスキップして本文へ移動
トップページへ
わたしたちのこと
コンテンツ


お問い合わせ・ご相談

伊勢志摩バリアフリーツアーセンター

電話 0599-21-0550  ファックス 0599-21-0585

開局時間 9時〜17時30分
木曜日定休
E-mail
iseshima@barifuri.com

観光施設バリアフリー情報

【伊勢市】伊勢安土桃山文化村

最終更新日:2014年11月


観劇どころ「山田奉行所」大岡越前とお白州

伊勢安土桃山文化村
観劇どころ「山田奉行所」お白州での劇

2013年に開村20周年を迎えた伊勢安土桃山文化村。一歩門をくぐれば、戦国時代にタイムスリップ!
村内には「山田奉行所」など5つの観劇どころがあり、笑いありアクションありのショーが、毎日上演されている。
安土桃山時代の町並みが再現された村内では、イケメンの役者やスタッフがフレンドリーに接してくれるので、時代劇ファンでなくても楽しい気分に。
小さなお子さんから高齢の方まで、家族みんなで楽しめるテーマパークだ。

障害者専用駐車場 車いす対応トイレ ○(8ヶ所)
貸出し車いす 補助犬
画像はクリックで拡大できます。

伊勢安土桃山文化村のあるきかた

広い駐車場

広い無料駐車場には、約3000台駐車可能。障害者専用スペースも数多くある。

きゃんバスのりば

入口前に、伊勢・二見・鳥羽間の周遊バス「CANばす(きゃんばす)」が停まるので、便利。

駐車場とバス乗り場との段差にある簡易スロープ

駐車場とバス乗り場との段差には、簡易スロープあり。

入村券売り場へのスロープ

入村券売り場へは高低差があるが、向かって右側にスロープがある。

入村券売り場

入村券売り場
障害をお持ちの方は、本人と付き添い1名が4割引になる。手帳を忘れずに持っていこう。

村内への入口

戦国大門(村内への入口)
この門をくぐれば戦国時代にタイムスリップ。門の上の見張りに気を付けて!
村内は、領民の里(一の丸)・忍者の里(二の丸)・城廓の里(本丸)、の三層構造になっている。入ったところは「領民の里」だ。

ちょんまげ3Dっぽい劇場 外観

ちょんまげ3Dっぽい劇場
3D「っぽい」、とは?見てのお楽しみ!

劇場入口段差の簡易スロープ

3Dっぽい劇場へは、靴を脱いで上がる。上がりかまち部分には段差があるが、簡易スロープが設置されており、車いすの方はそのまま入場できる。

3Dっぽい劇場 内部のようす

3Dっぽい劇場 内部
カーペットの床に直接座る。イスが欲しい方はスタッフまで。

大江戸劇場紅屋 外観

大江戸劇場紅屋
豪華絢爛な花魁芝居で、お大尽気分が味わえる。
入口には少し段差があるが、入場時には必ずスタッフがいるので安心。

山田奉行所 外観

山田奉行所
大人気の劇場。大岡裁きが見もの!

山田奉行所 お白州での劇

山田奉行所
役者さんの熱演が間近で見られるのも魅力。
本日のお裁きは、いかに?

山田奉行所 劇場内のようす

山田奉行所 劇場内のようす
座席は、階段になったベンチ式。

車いす専用の観覧スペース

山田奉行所の劇場内には、車いす専用の観覧スペースが設けられているので、安心。

大忍者劇場 入口の階段

大忍者劇場
入口へ行くには階段があるが、う回路あり。

大忍者劇場のう回路

大忍者劇場のう回路
劇場右横の、黄色い壁の建物の裏を通れば、階段をう回して劇場入口へ行ける。

大忍者劇場 入口のスロープ

大忍者劇場 入口
靴を脱いで上がる。上がりかまち段差には簡易スロープあり。

大忍者劇場 内部
カーペットの床に直接座る

大忍者劇場 内部
カーペットの床に直接座る。
忍者たちが舞台と客席を縦横無尽に駆けめぐる、大迫力のアクションが演じられる。

村内食堂「おいしんぼ」外観

村内食堂「おいしんぼ」
村内には5ヶ所(+団体専用1ヶ所)のお食事処があり、和食膳からうどん・そば・ラーメン・甘味スイーツまで、バラエティ豊か。

メニュー一例 おかげセット(伊勢牛丼+伊勢うどん)

「おいしんぼ」のメニューは、伊勢牛丼、てこね寿司、うどん、そば、各種丼など。
写真は「おかげセット」。 伊勢牛丼+伊勢うどん(またはそば)+漬物 1,200円。

村内のようすと、イメージキャラクター「まげでっち」

村内は、安土桃山時代の町並みが再現されていて、歩くだけでも楽しい。
どこかで、修行中の「まげdeっち」に会えるかも?!

村内から見える安土城

広い村内のどこを歩いていても目に入る、幻の名城「安土城」の姿は圧巻!

車いす対応トイレ入口

車いす対応トイレ入口
村内には、8ヶ所の車いす対応トイレがある。

車いす対応トイレ内部の一例

車いす対応トイレ内部の一例
トイレは、すべて左右に手すりがついていて、車いすでも回転できるじゅうぶんな広さがある。ただし、温水洗浄便座はない。

領民の里(一の丸)授乳室 外観

領民の里(一の丸)授乳室
忍者の里(ニの丸)へ上がる階段の左側にある。
入口段差には簡易スロープが用意されている。

授乳室内部のようす

授乳室内部
畳の小上りと、ベビーベッド2台、流し台があり、おむつ替えにも利用できる。

建物入口前の段差のようす

建物の入口前には丸石が埋め込んであり、わずかだが段差があるので、車いすやベビーカーの方は注意して。

かごバスのりば

かごバスのりば
領民の里(一の丸)から忍者の里(ニの丸)へは、徒歩で階段を上がるか、かごバスを利用する。

かごバス外観

かごバス(マイクロバス)
バスは車いす対応ではないので、バスに乗車できない方は、忍者の里へは行く事ができない。

忍者の里への階段のようす

徒歩で忍者の里へ行く場合は、山の中を抜けていく階段を上がる。かなり長いので注意。

ニャンまげ劇場 外観

忍者の里 ニャンまげ劇場
村の人気者、ニャンまげがスクリーンの中で大活躍!
劇場内の座席はベンチ式。

忍者の里 授乳室

忍者の里 授乳室
「怨霊首無寺」の右横にある。
畳の小上りと、ベビーベッド2台、流し台があり、おむつ替えにも利用できる。

安土城内にある展示ジオラマ

忍者の里から城廓の里(本丸・安土城)へも、かごバスで移動する。
安土城の2階から5階には、戦国絵巻や歴史上の人物がジオラマで再現されている。
城内には、車いす対応トイレとエレベーターあり。ただし、エレベーターは5階まで。

天守閣への階段

天主閣(6、7階)へは階段のみ。階段はとても急なので、じゅうぶん注意して。

7階 黄金の間

7階の黄金の間では、壁・天井すべてに金箔がはりめぐらされている。部屋全体が金色に光輝く、まさしく「黄金」の間。

展望台からの風景

天主閣6階の展望台からは、伊勢の街と海が一望できる。
信長になった気分で、下界を見渡してみては?

施設詳細

基本データ
住所 〒519-0603 伊勢市二見町三津1201-1
TEL・FAX TEL:0596-43-2300  FAX:0596-42-1459
公式サイト http://www.ise-bunkamura.co.jp/
(外部サイト・別ページが開きます)
営業時間 3月17日〜11月15日 9時〜17時
11月16日〜3月16日 9時30分〜16時30分
※入村は、閉村1時間前まで
休館日 年中無休
料金 入村手形(入村のみ)
大人2,500円、中・高校生1,200円、小学生900円
通行手形(有料館セット券)
大人3,900円、中・高校生2,500円、小学生2,000円
●シルバー割引:満65歳以上。各手形料金より3割引(証明書要)。
●身体障害者割引:本人+同行者1名、各手形料金より4割引(証明書要)。
●団体割引:8名以上で適用。通行手形3,300円(大人の場合)。

※入村手形の場合、有料館は以下の個別料金が必要となる。
◆伊賀忍者妖術屋敷・妖怪屋敷・怨霊首無寺・忍者修行砦・ニャンまげ劇場・ちょんまげ3Dっぽい劇場… 各300円
◆山田奉行所・大江戸劇場紅屋・忍者からくり迷路・安土城… 各500円
◆大忍者劇場… 600円
アクセス 車:伊勢自動車道伊勢西ICから伊勢二見鳥羽ラインに入り、二見IC下車後すぐ
バス:CANばす・参宮バスで「伊勢・安土桃山文化村」下車後すぐ
★近鉄鳥羽駅より、毎朝1便のみ無料バス運行中
鳥羽駅9時40分発〜伊勢安土桃山文化村10時00分着
(※車いす対応ではありません)
駐車場 約3000台 無料
貸出し・サービス 自走式車いす2台、ベビーカー3台(入村券売り場にて貸出し)
車いす対応トイレ 村内に8ヶ所(うち、領民の里(一の丸)に5ヶ所)
介護ベッド 授乳室内に畳の小上がりがある
オストメイト なし
補助犬 OK
レストラン 村内に食堂5ヶ所あり(+団体専用1ヶ所)
おすすめポイント

おすすめはなんといっても、目の前で繰り広げられる、劇場でのライブパフォーマンス。5館ある劇場のうち、ニャンまげ劇場以外の4館が「領民の里(一の丸)」にあるので、ほぼ問題なく楽しめる。もちろん、車いすでの観覧OK!
入場の際は車いす利用者を優先してくれるし、専用の観覧スペースがある劇場も。ショーの内容はそれぞれ違い、バラエティーに富んでいるので、事前に上演スケジュールをチェックして、上手くはしごしよう!

入口前に、伊勢・二見・鳥羽間の周遊バス「CANばす(きゃんばす)」が停まるので便利。 CANばすはすべて低床バスで、車いすのまま乗車できる(事前予約推奨。三重交通伊勢営業所 TEL:0596-25-7131)。

安土桃山文化村のシンボル、高さ43メートルの「安土城」は、 天下統一を見据え、織田信長が築いた城。「幻の名城」ともいわれるこの城を、時代考証に基づいて、原寸大で忠実に再現している。
安土城の近くまで行くのは、車いす利用者や足の不自由な方には困難だが、城の姿は村内どこからでも見ることができる。

注意点
  • 「忍者の里」へ行くには、バスまたは階段利用となる。バスは車いす対応ではないので、バスに乗車できない方は、「領民の里」のみの見学となる。
  • 伊賀忍者妖術屋敷・妖怪屋敷などの体験どころは、床に仕掛けがあるため、車いす・ベビーカーのままでは入館できない。
MAP

調査員レポート

調査員NC(障害なし) 調査日:2014年5月18日

私の大好きな伊勢志摩スポットの一つです!
車いす対応トイレが随所にあるので、チェアウォーカーにも安心!
2014年春より、村内をつなぐエスカレーターが使用中止になったことに伴い、大忍者劇場が忍者の里(二の丸)から領民の里(一の丸)へ移動。 領民の里に劇場が集中したことにより、観劇がしやすくなりました!
また、忍者の里⇔領民の里⇔城廓の里(本丸)へは、かごバス(マイクロバス)が運行しているので、バスに乗車できる人は山道を歩かなくても行くことができます。

村内での見所は、何といっても生で見る役者さんの演技!
お勧めは「山田奉行所」と「大忍者劇場」。
更に楽しむ方法は、あなた自身が参加する(楽しもうという気持ちになる)こと!これ、ポイントですっ!

ショーのスケジュールは日によって違い、演目によっては上演されない日もあるので、チェックを忘れずに!
また、お手伝いをお願いしたいときは、フレンドリーな役者さんやスタッフの方に、気軽に声をかけてくださいね!

上記のバリアフリー情報は、すべて伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが実際に現地調査を行い、蓄積してきたものです。
バリアフリー情報についてのご質問は、どうぞお気軽に伊勢志摩バリアフリーツアーセンターへ メール、またはお電話 0599-21-0550 ください。
(バリアフリー情報以外の営業内容については、各施設へ直接お問い合わせください。)

このサイトに掲載されている文章及び画像等の著作権は、断りの無い限り、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが保有します。許可無く複製・転用・翻訳・翻案・放送・出版・販売・貸与することを禁じます