伊勢志摩バリアフリーツアーセンター > バリアフリーアクティビティ情報 > 志摩ロードパーティ

伊勢志摩バリアフリーツアーセンターナビゲーションをスキップして本文へ移動
トップページへ
わたしたちのこと
コンテンツ


お問い合わせ・ご相談

伊勢志摩バリアフリーツアーセンター

電話 0599-21-0550  ファックス 0599-21-0585

開局時間 9時〜17時30分
木曜日定休
E-mail
iseshima@barifuri.com

志摩ロードパーティ バリアフリーパーティラン

志摩ロードパーティ バリアフリーパーティランとは?

「志摩市」の誕生を記念して、2005年に始まった「志摩ロードパーティ」。地元有志らによる小規模な手づくり大会から始まったこのマラソン大会も、今や行政や企業を巻き込んで大きく成長。首都圏から遠い、地方での開催にもかかわらず、全国から10,000人近くものランナーが集まる、三重県最大級のスポーツイベントに成長しました。

初回から伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが運営に関わり、バリアフリーな大会を目指してきました。そしてついに2009年、「バリアフリーパーティラン」という、約2キロの障害者専用コースを新設!以降、県内外から車いす使用者をはじめ、さまざまな障害を持った方々が参加してくださっています。

障害者だけのスポーツイベントは全国にいくつもありますが、これほど規模の大きいマラソン大会の中の一種目としてバリアフリーコースが設けられ、しかも公道を走れる!というのは、(おそらく)この志摩ロードパーティだけ!!

このページでは、過去の大会写真をもとに、「志摩ロードパーティ バリアフリーパーティラン」の魅力をご紹介します。

バリアフリーパーティランでは、タイムの計測は行いませんので、参加者一人ひとりのペースに合わせて走れるのが特長。また、ご希望の方には、それぞれのお身体の状態や体力に合わせ、ボランティアによるサポートも行っています。
「パーティラン」という名前のとおり、楽しく走ってくださいね。

コース途中にある的矢湾大橋の写真
2017年参加者の集合写真

バリアフリーパーティランのコースってどんなの?

バリアフリーパーティランは、車いす使用や視覚障害などの身体障害の方、知的・発達障害や内部障害の方、高齢の方など、レース参加に対して身体的に不安がある方とその同走者専用のコースです。タイムを計ったり、速さを競ったりするコースではありません。沿道の景色を満喫しながら、楽しく走ってください。

スタート・ゴールは、テーマパーク「志摩スペイン村」のバス駐車場入口付近。
スタート後、平らな道を約200メートル走るといきなり、急な上り坂が待っています。長さは150メートルほど。でも大丈夫!ここには、通称「坂道ボランティア」という、若い(?)男性たちが待っていて、車いすで自力で坂を上がるのが難しい場合はサポートしてくれますよ。

その後はゆるやかな傾斜のある道路(通称:パールロード)を走り、赤い的矢湾大橋を渡ります。この橋からの景色は絶景!少し足をゆるめて、写真を撮るのもいいですね。

橋を渡りきり、少し坂を上ったら折り返し地点です。バリアフリーパーティラン専用の給水所も用意されていますよ。
折り返したら、残りあと1キロ!スペイン村のゴールに向かって帰りましょう。

↓コース図はクリックで拡大します(注:コースについては、2017年の情報です)。

バリアフリーパーティランのコース地図

過去のバリアフリーパーティランのようす

バリアフリーブース

バリアフリーパーティランの受付は、専用のバリアフリーブースにて。
また、バリアフリーパーティラン以外のコースに出場される方で、ボランティアによる伴走を依頼されている方も、こちらでボランティアとの引き合わせを行います。
ブースでは、会場内で利用できる車いすの貸し出しなども行っています。

バリアフリーブースでの受付のようす
受付が終わった車いす使用者

車いす対応仮設トイレ

車いす対応トイレはスペイン村の園内各所にありますが、バリアフリーブースのすぐ横にも、車いす対応の仮設トイレを設置しますので、ご安心を。
2013年からはトイレ増量。2基にしました!

仮設の車いす対応トイレ2基
仮設トイレ内部のようす

バリアフリー準備体操

スタート前には、車いすに座ったままでもできる準備体操をします。
作業療法士さんたちによる「リハビリ戦隊リハレンジャー」が、オリジナルの体操を教えてくれます。

リハレンジャーとの準備体操
みんなで準備体操をしているようす

視覚障害者対応

目の不自由な方には、伴走ボランティアを手配します。
10キロコースなど他のコースに参加される視覚障害者でボランティアによる伴走を希望される方は、直前だとボランティアが手配できないおそれがあるため、お早めにバリアフリーツアーセンターまでご相談ください。

白杖の選手と一緒に歩くボランティア
視覚障害の選手と伴走ボランティア

聴覚障害者対応

大会の式典では、ステージ上に手話通訳がつきます。また、手話通訳者が本部ブースに常駐します。
バリアフリーブースでは、筆談による対応を行いますので、お困りの際はお立ち寄りください。

バリアフリーブースで待機する手話通訳の方と、ブース前の連絡掲示板

バリアフリーパーティラン

<スタート>

さあ、いよいよバリアフリーパーティランのスタートです。俊足の人もいれば、車いす使用の人もいます。スタートが一番混みますので、ぶつからないよう気をつけて!

スタート前 ゲート下に整列する参加者
スタート直後 ダッシュする参加者

<さまざまな参加者たち>

参加者のお身体の状態はいろいろ。 本人の希望に添ってサポート体制を決めるので、車いす使用者でも一人で走行する人、家族と一緒に走る人、ボランティアがサポートする人など、さまざまです。

一人で参加の車いす使用者
ボランティアと一緒に走る車いす使用の女性

車いすだけでなく、歩行器やバギー、杖での参加もOK。
また、高齢の方や知的・発達障害の方、歩行障害のある方など、一般のコースにはちょっと参加しにくいな〜という方も、ぜひバリアフリーパーティランへ。

歩行器で参加した選手
バギーで参加した選手とお母さん
一人で走る選手 カメラに向かってピースサインを出しています
車いすを待機させて、歩けるところまで杖で参加している選手

一人で走るのに不安のある人は、家族や仲間、ボランティアと一緒に。初めは不安を感じていても、走り終わったときには「来年はもっと早く走りたい!」と新たな意欲が沸いてくる人も多いそうです。

家族や施設スタッフと一緒に参加する選手
伴走者と一緒に走る選手

<コース途中の坂道>

コースには、行きと帰りの2ヶ所に急な坂がありますが、車いすの方は、待機している坂道専門のボランティアがサポートしますので安心してください。

コース途中の急な坂のようす
坂道でサポートを受ける車いす使用者

<仮装での参加>

実はバリアフリーパーティランは仮装OK。というか、仮装推奨なのです。
みなさんの仮装も年々レベルUP!常連さんにとっては、今年は何の仮装をしようかな?と、考えるのも楽しいそうですよ。
「パーティラン」という名前のとおり、みんなで楽しく走る大会です。皆さんも仮装での参加、大歓迎ですよ〜。

スパイダーマンの仮装で走る車いす使用の選手
パンダのかぶりもので走る家族。三人が電車ごっごのようにつながって走っています
ピコ太郎の仮装で参加した選手
お揃いのウォーリーの仮装をした家族

<ポイント>

体温調整できない人は、霧吹きをわすれないでね。晴れれば4月は結構暑いですよ。
逆に、風の強い日や雨降りの場合は、カイロなどの保温用品が欲しいことも。志摩市の天気を調べて、各自準備してくださいね。

霧吹きで水をかけてもらう車いす使用者

マスコミの取材もあるかも…。撮影されては困る人は、事前にスタッフまでお知らせください。
また、スタッフが撮影した写真は、こんなふうにホームページなどでご紹介させていただくこともあります。載せないで!という方は、教えてくださいね。

テレビの取材を受ける車いす使用者

<折り返し地点>

的矢湾大橋を渡り、上り坂を少し進んだところでUターン。もと来た道を、スペイン村に戻ります。
折り返してからは、ゴールを目指す一般ランナーと同じ方向へ走ることになります。バリアフリーレーンをはみ出さないように注意して!

的矢湾大橋から折り返し地点を見たようす
折り返し地点のパイロンを回る車いす使用者

<給水>

折り返し地点には、バリアフリーパーティラン専用の給水所も設置。マラソンランナーになった気分で、水分補給をしてください!

給水所へ向かう選手
給水所のようす

<ゴール>

スタートも、ゴールも、他の種目の選手と同じゲートの下。特にゴールは、10キロのランナーと同じ時刻、同じ場所へのゴールです!

ゴールゲートへ向かう車いすの選手
10キロのランナーと同時にゴールした車いすの選手

<バリアフリー特別賞>

バリアフリーパーティランはタイムを計測しませんので、順位の表彰はありませんが、特別表彰枠があります。
以下の写真は、2013年から2017年(バリアフリーパーティランが開催されなかった2016年を除く)のバリアフリー特別賞表彰のようすです。
商品は、パルケエスパーニャグッズだそうです!

2013年バリアフリー特別賞表彰 ステージ上で森脇健二さんのインタビューを受ける双子のKくんRくんと81歳のYさん
2014年のバリアフリー特別賞表彰のようす 雨の中での表彰式でした
2015年のバリアフリー特別賞表彰のようす
2017年のバリアフリー特別賞表彰のようす

会場でのスナップ写真

毎年参加してくださる常連さんに初参加の方々も加わって、皆さん和気あいあいと記念撮影。ここで知り合った仲間同士が友達となることも多く、会場はまるで同窓会の雰囲気。この輪のなかに、今度はあなたが加わってくださいね。

伴走ボランティア2名と選手2名での記念撮影
ボランティアと記念撮影する選手と家族
ピースサインでカメラにおさまる車いす使用者とボランティア3名
車いすの青年と車いすの女の子

作業療法士の皆さんによる「リハレンジャー」は大人気! 会場では、ばりふり準備体操のほか、参加賞のお渡しも手伝ってくれました。今年も来てくれるかな?

ばりふり準備体操を行うリハレンジャー
参加賞を渡すリハレンジャー

ゲストランナーの森脇健二さん。 バリアフリーパーティランの選手へも声をかけてくださいました。感激です!

ゲストランナーの森脇健二さん
コース途中で、森脇さんからのエールをもらったバリアフリーパーティランの選手

2017年のバリアフリーパーティラン参加者一同での記念写真です。みんな、完走した充実感いっぱいの笑顔です。 今年もこんな笑顔を見せてくださいね!

2017年バリアフリーパーティラン参加のみなさんで記念写真

雨が降ることもあります(雨ばかり、とも言います)

2012年のロードパーティ当日は、大会開催が危ぶまれるほどの荒天で、大雨となりました。
しかし、バリアフリーパーティラン申し込み者のうち約7割もの方が来てくださり、コースを短くして決行。
事故もなく、無事全員完走することができました。

雨の中でのスタート風景 雨の中のスタート。みなさんカッパに身を包み、けれど不思議なくらい笑顔です。

ボランティアに見守られながら力走する車いす使用者濡れた坂道だって自分の力で。

ピースしながら短縮コースを折り返す車いす使用者 短縮コースの折り返し地点でピース!

バギーでゴールする三人組 バギーだって、完全装備で完走です。

実は志摩ロードパーティは、その後もナゼか雨に降られ続け…。
2013年は、レース中に雨はあがったものの、受付時に激しい雨が降り。
2014年は、前日はとってもよいお天気だったのに、当日まさかの大雨が降り続き。
2015年は、朝から曇天で、祈っておりましたが結局降られてしまいました。
(2016年は、伊勢志摩サミットの関係で大会内容が変わったため、バリアフリーパーティランはありませんでした)
2017年、実に6年ぶりの晴天となりました!!

でも、みなさんさすが!選手の方は毎年ほぼ全員、雨対策をしてお越しくださっています。
今後のロードパーティでも、開催の可否は当日のお天気状況を見ながら決定しますが、基本的には雨天決行です。雨が降りそうなときは、各自で確実な雨具や、保温グッズを準備してください。雨の降る確率の高さを考えると、雨が「降らなさそうでも」念のためご用意いただくほうが良さそうです。
当日、雨の中を走るかどうかは、ご自身の体調を第一に判断してくださいね。

そして…「我こそは晴れ男、晴れ女」という方!
ぜひ、会場に太陽を連れてきてください。お待ちしています!!

身体をすっぽりおおうカッパを着た車いす使用者
足元をビニールでぐるぐる巻きにした車いす使用者
おそろいのピンクのポンチョを着た車いす使用の女の子二人
バギーへの雨対策

参加したい!という方へ

・開催日時:例年4月下旬(2018年は4月15日(日)に開催決定!)
・申し込み開始:2017年12月上旬 締切:2018年2月28日(水)

バリアフリーパーティランの申し込みは、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターで受け付けます。 募集開始はホームページでお知らせします。
今回(2018年4月)は、他種目の参加者募集時期が今までより早まったため、バリアフリーパーティランの募集も例年より早めて、2017年12月上旬ごろからの募集開始を予定しています。
ここ数年、締切を待たずに定員に達することが続いています。定員を超えた場合はお断りすることになりますので、お早めにお申し込みください。

また、同時期に、バリアフリーパーティランのお手伝いをしてくださるボランティアの方も募集します。こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

志摩ロードパーティ バリアフリーボランティア

事前説明会

大会の約1週間前に、ボランティアにご応募くださった方を対象に、ボランティア説明会を開催します。バリアフリー部門のボランティアのみなさんへの説明は、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが担当します。
説明会の内容は、バリアフリーパーティランのポイントや、障害のある参加者への接し方、車いすの介助方法などのほか、当日の役割別の注意事項など。
バリアフリー部門のボランティアを希望される方は、他部門のボランティアと異なり、このボランティア説明会への参加が必須となっていますので、よろしくお願いいたします。

事前説明会のようす
車いす介助のレクチャーのようす

大会当日 朝のボランティアミーティング

大会当日は、朝8時ごろよりボランティア対象のミーティングを行います。当日の大会運営に大切なミーティングですので、ボランティアの皆さんは遅れないように集合してください。

朝のボランティアミーティング
詳細メモを読むボランティア

バリアフリーボランティアの活動のようす

選手のみなさんの受付が終わったら、 伴走ボランティアさんと選手をお引き合わせします。今回のパートナーはどんな方でしょうか?

白状の方とコミュニケーションをとるボランティア
一緒に走る車いす使用者とコミュニケーションをとるボランティア

伴走ボランティアは、沿道の声援を受けながら、一緒に楽しく走ります。

車いす使用の選手と伴走ボランティアの親子
車いす使用の選手とサポートするボランティア

走ることに不安がある方に、安心して走っていただけるようにするのもボランティアの役目。手をつないだり、声をかけたりしながら行きましょう。

手をつないで走る選手とボランティア
声をかけあいながら走る伴走ボランティア

中には、走るのがとっても早い選手も…。伴走ボランティアさん、がんばれ!

全速力で走る選手と、両脇でサポートするボランティア
選手と一緒に力走するボランティア2名

ボランティアのお仕事は主に「伴走」と「見守り」にわかれます。コース全体に配置された見守りボランティアさんは、いざというときに備えながら選手に声援を送ります。コース上の三角コーンを運んだりするのも、ボランティアの大切なお仕事です。

沿道から拍手で応援するボランティア
三角コーンを運ぶボランティア

このように、バリアフリーボランティアのお仕事の内容はいろいろ。
ぜひ、バリアフリーパーティランの運営に、あなたの力を貸してくださいね。

このサイトに掲載されている文章及び画像等の著作権は、断りの無い限り、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが保有します。許可無く複製・転用・翻訳・翻案・放送・出版・販売・貸与することを禁じます